小林美砂子

BIMをもっと活用したい人のためのAutodesk Revitファミリ入門

販売店:書籍
販売価格
4,180
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント38(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)となっている本・コミック商品について取り扱いを終了することとなりました。
それに伴いましてdショッピングで取り扱う本・コミックの商品数が少なくなります。

「販売店:書籍」(株式会社NTTドコモにて取り扱い)の取り扱い停止日
2020年5月29日(金)10:00
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが今後ともdショッピングをよろしくお願いします。

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】BIMをもっと活用したい人のためのAutodesk Revitファミリ入門
【発売日】2019年03月
【著者/編集】小林美砂子, 中川まゆ
【出版社】エクスナレッジ
【サイズ】単行本
【ページ数】280p
【ISBNコード】9784767825854

【内容情報】(出版社より)
本書は、昨今建築業界で導入・運用が進んでいる「BIM」※に対応する建築3次元CAD
「Autodesk Revit/Revit LT」の「ファミリ」に特化した解説書です。
「ファミリ」とは、壁・柱などの構造体から、建具、設備、家具まで、建物を構成するさまざまな「部品」のようなものです。
Revitで建造物のモデルを作成する際は、一からモデリングを行うだけではなく、
実は部品=ファミリを呼び出して属性などの情報を設定、それらを組み立てるようにして作業を行うケースが多々あります。
Revitには予め多くのファミリが用意されていますが、それらが設計者の目的に合致するとは限りません。
そのため、現実的には目的に合わせた形状、情報を持つファミリに変更、あるいはそのようなファミリを1から作成する必要があります。
つまり、ファミリをいかに作り込み、上手に活用するかが、本当の意味でRevitを、BIMを活用することにつながります。
しかし、ファミリ(部品)を作成する操作は、建物を設計する作業とは異なりますし、たくさんのコツが必要となります。
本書は、実務でRevitを用いる際に必要となる、さまざまなニーズに合わせたファミリの作成方法から、
集計などファミリの活用方法まで、手順を追ってわかりやすく解説します。
◎本書の利用にあたっては、インターネットから教材データをダウンロードする必要があります。

※BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称。
コンピュータ上に作成した3次元の建築モデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性情報を付加し、
データベース化することにより、設計、施工から維持管理までの工程で情報を活用するためのソリューション
または建築のワークフローのことを指します。

《CONTENTS》
chapter 1 ファミリの基本
そもそも「ファミリ」とはどんなものなのか、その概念や種類、Revitのワークフローなどを学びます。

chapter 2 形状だけのファミリの作成
スピード優先の際に有効な、2DのCADデータをベースにした見えがかりだけのファミリの作成方法を学びます。

chapter 3 パラメータ設定できるファミリの作成《基礎編》
サイズなどのパラメータを変更できる棚のファミリの制作を通して基本的なファミリの作り方を学びます。

chapter 4 パラメータ設定できるファミリの作成《応用編》
窓ファミリの制作を通して、より細かなパラメータを設定できる複雑なファミリの作り方を学びます。

chapter 5 2Dファミリの作成と活用
2Dシンボルファミリを例に、ファミリの拾い出しから集計表の作成までの手順を学びます。

BIMをもっと活用したい人のためのAutodesk Revitファミリ入門のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ