神長幹雄

未完の巡礼

販売店:書籍
販売価格
1,870
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント17(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】未完の巡礼 冒険者たちへのオマージュ
【発売日】2018年03月
【著者/編集】神長幹雄
【出版社】山と渓谷社
【サイズ】単行本
【ページ数】301p
【ISBNコード】9784635178228

【内容情報】(出版社より)
1980年代から90年代の半ばにかけて、極地の冒険やヒマラヤ登山が隆盛を極めたころ、
何人もの登山家や冒険家たちが突然の事故で命を失ってしまった。
そうしたなかで直接会って話を聞くことができた、忘れがたい冒険者たちがいる。
植村直己、長谷川恒男、星野道夫、山田昇、河野兵市、小西政継の6人の人たちだ。
生前の交流や山と溪谷社との関わりなどを中心に、
6人の事績を顕彰して綴られた邂逅の記録である。

時代が経過するなかで、現地を訪ねてその足跡を辿ってみるーー。
世界的な極地冒険家・植村直己は、グリーンランド、シオラパルクへの旅を、
アルプスやヒマラヤで記録を残した、登山家・長谷川恒男は、カラコルム、フンザへの旅を、
動物写真家・星野道夫は、アラスカ、シシュマレフへの旅を、
世界最強と言われた登山家・山田昇は、アラスカ、マッキンリーへの旅を、
北極点に単独徒歩到達した冒険家・河野兵市は、故郷である愛媛県・瀬戸町への旅を、
そして登山を世界レベルに主動した登山家・小西政継は、ネパール、マナスルBCへの旅を
トレースする。
それは、「巡礼」にも似た旅だった。

偶然ではあろうが、6人のうち4人までが43歳で亡くなっている。
彼らが活躍できた時代とはどういう時代だったのか、
志半ばでヒマラヤや極地に逝った、
6人の事績を現地に訪ねて綴られた彼らとの交流の記録である。

未完の巡礼のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ