瀧靖之

アウトドア育脳のすすめ

販売店:書籍
販売価格
1,540
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント14(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】アウトドア育脳のすすめ 脳科学者が教える!子どもを賢く育てるヒント
【発売日】2018年03月
【著者/編集】瀧靖之
【出版社】山と渓谷社
【サイズ】単行本
【ページ数】204p
【ISBNコード】9784635160230

【内容情報】(出版社より)
「おウチ」から「おソト」へ! 脳研究の最前線で活躍する脳科学者が教える、子どもの「脳力」を伸ばす確かな方法。わが子には幸せになるだけでなく、賢く育ってほしいと思っている全ての親御さんたちの必読の書。

子どもを賢く育てるために最も重要なポイントの一つ「野外遊び=アウトドア」に焦点を絞った育脳書。

最新の脳科学から、アウトドア体験がいかに脳の発育に効果的かをわかり易く説明すると共に、自然の中での遊び方やアウトドア活動のはじめ方などをご紹介。

自然の中に身を置いて楽しむ山遊びやアウトドア体験は、子どもの脳の発達に非常に有効であるだけでなく、高齢者の認知症リスク低減にも効果的。

16万人もの脳のMRI画像を見て、脳の発達や加齢のメカニズムの研究を続けてきた最新の脳医学者が語る「脳の発育に重要なこと」や「アウトドアでの活動が子どもの発育に与える好影響」。 

最新の脳研究の成果から、アウトドアスポーツや自然体験の脳への有用性を説明。

第1章 「賢い」子どもと「好奇心」の関係
第2章 なぜアウトドアで子どもの脳は育つ?
第3章 子どもの脳とこころの発達
第4章 アウトドア(自然)に出かけてみよう!

登山やトレッキングなど自然の中で楽しむ多くの山遊びやアウトドア体験は、子どもの脳の発達にとって、極めて効果の高いものですが、それは、子どもの知的好奇心を育み広げる要素が、自然の中には無限にあるためです。
 
著者、瀧靖之氏は、16万人もの脳のMRI画像を見て、脳の発達や加齢のメカニズムの研究を続けてきた脳医学者ですが、氏の研究成果から著した教育や健康生活分野での書籍がたくさんあります。

そんな中、本書では、北海道で生まれ子ども時代を過ごした瀧氏自身の貴重なアウトドア体験の数々を通じ、実感してきたことをベースに、脳医科学の最新知見を展開、アウトドア全般を通じての「育脳」をすすめています。

アウトドア育脳のすすめのレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ