アトリエサード

ナイトランド・クォータリー(vol.11(2017.11)) 特集:憑霊の館

販売店:書籍
販売価格
1,870
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント17(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
【タイトル】ナイトランド・クォータリー(vol.11(2017.11)) 特集:憑霊の館
【発売日】2017年11月
【著者/編集】アトリエサード
【出版社】アトリエサード
【サイズ】全集・双書
【ページ数】159p
【ISBNコード】9784883752911

【内容情報】(出版社より)
幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》
vol.11のテーマは、“憑霊の館”。
「怖い場所」を探検するスリルと、日常の中に「怖い場所」があることへの不安を
描いた作品をセレクトしてお届けします!

ラムジー・キャンベル、A・M・バレイジ、フリッツ・ライバーなど翻訳9編、日本作家2編の他、キム・ニューマンによる特別寄稿「《ドラキュラ紀元》シリーズ、日本へ」など、今回も読み応えたっぷりです。
■スティーヴ・ラスニック・テム「海辺の家にて」/訳:小椋姿子
■ピート・ローリック「彼女が遺したもの」/訳:甲斐呈二
■ラムジー・キャンベル「世界の上で」/訳:田村美佐子
■マイクル・チスレット「笛吹くなかれ」/訳:牧原勝志
■ウィリアム・F・ハーヴェイ「アンカーダイン家の礼拝室」/訳:植草昌実
■パトリック・タンブルティ「怖いもの作ろう」/訳:小椋姿子
■J・シェリダン・レ・ファニュ「ある幽霊屋敷に関する手記/訳:牧原勝志
■A・M・バレイジ「誰のものでもない家」/訳:植草昌実
■フリッツ・ライバー〈古典新訳〉「煙のお化け」/訳:中村融

■朝松健「〈一休どくろ譚〉 人食い小路」
■柴田勝家「邪義の壁」

■野村芳夫インタビュー「わが青春の〈リトル・ウィアード〉」

★特報!! キム・ニューマンの《ドラキュラ紀元》シリーズが、中短編を追加収録して、アトリエサードより復刊!!
■拡大する《ドラキュラ紀元》の世界/植草昌実
■【特別寄稿】《ドラキュラ紀元》シリーズ、日本へ/キム・ニューマン
■キム・ニューマン『ドラキュラ紀元』と新歴史主義/岡和田晃

■Night Land Gallery 堀江ケニー/沙月樹京
■魔の図像学(11)廃墟画家たち/樋口ヒロユキ
■角川文庫・横溝正史の挿画で知られる杉本一文の画集が、2冊同時発売!/沙月樹京
■藤原ヨウコウ・ブンガク幻視録(3)田中貢太郎「黄燈」より/藤原ヨウコウ
■STRANGE STORIES(8) さあ、ブラウンになりなさい/安田 均

■【ブックガイド】踏み込んではならない
■【未訳書セレクション】海外幽霊屋敷物件案内

■表紙=写真:堀江ケニー

この商品のカテゴリ