風野潮

氷の上のプリンセスジュニア編(1) (講談社青い鳥文庫)

販売店:書籍

[在庫なし]

販売価格
748
(税込)
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント6(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】氷の上のプリンセスジュニア編(1) (講談社青い鳥文庫)
【発売日】2017年12月
【著者/編集】風野潮, Nardack
【出版社】講談社
【サイズ】新書
【ページ数】256p
【ISBNコード】9784062856720

【内容情報】(出版社より)
中学1年のかすみは親友の真子、塁たちと全中(全国中学校スケート大会)に出場するために猛特訓の日々。そして、全中の日を迎え、全国からライバルたちも集まり、それぞれがベストを尽くすことを心に誓う。が、しかし、普段元気な塁や亜子の様子がいつもと違っており……。彼らの結果は、そしてかすみの演技はいかに? 思春期の揺れ動く心と体にスポットを当て、彼らの葛藤と成長を細やかに描く感動の「ジュニア編」第1巻。


ちょっぴり泣き虫で引っ込み思案な性格だが、フィギュアスケートへの思いは人一倍! 夢に向かってひたむきにがんばるそんなかすみの姿に共感の声続々の本格フィギュアスケート小説。前巻までは「ノービス編」だったが、この巻からはいよいよ「ジュニア編」がスタート! ジュニアになると、がんばり次第で大きな国際大会にも出場できるようになり、マスコミにも大きく取り上げられ、ぐんと注目度が上がる。そして、世界の舞台で優勝すれば、将来オリンピック選手になれるかも・・・・・。
そんな「世界への第一歩」をふみだしたかすみたちが、辛いことや悲しいことも乗り越えて、“自分を信じて”明るく思いっきりがんばる姿を描く。親友やライバルとの友情、ママや亡きパパへの思い、そして憧れの瀬賀君との初恋・・・・・・ドラマチックな展開から目が離せない。

<小学中級から 総ルビ>
おもな登場人物
これまでのお話
はじめに
1 はりきって早朝練習
2 わたしが学校代表?
3 瀬賀くんに会える場所
4 みんなでバレエレッスン
5 まさか、パパラッチ!?
6 うれしいのに涙が出るの
7 お帰りなさい、フローラちゃん!
8 ビッグハットで初練習
9 いよいよ開会式
10 ショートプログラム前夜
11 最後のジゼル
12 慣れないインタビュー
13 塁くんの不調
14 あきらめない強さって?
15 思うとおりに、思いっきり
16 思いがけないエキシビション
知っているとストーリーがもっとおもしろくなるQ&A

氷の上のプリンセスジュニア編(1) (講談社青い鳥文庫)のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ