鈩裕和

身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策

販売店:書籍
販売価格
1,650
(税込)
送料無料
出荷目安:
1-3日(通常)
たまるdポイント15(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【タイトル】身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策
【発売日】2017年06月
【著者/編集】鈩裕和
【出版社】自由国民社
【サイズ】単行本
【ページ数】191p
【ISBNコード】9784426122607

【内容情報】(出版社より)
「脳卒中」には出血性の疾患「脳出血」や「くも膜下出血」などがあり、また脳細胞の栄養や酸素を送る血管が詰まることから発症する「脳梗塞」があります。いずれの場合も、カラダの動きが損なわれたり、もの忘れや判断力低下が現れたり、感覚が鈍磨するなど多彩な症状や生活障害を呈することになります。
生活習慣病といわれる高血圧、糖尿病、脂質異常症などが「脳卒中」の誘因になるので、予防としての治療を日常生活で行うことが大切です。しかし、予防をしても加齢やその他の理由で発症してしまうこともあります。不幸にして発症したときには、本書に書かれている手段を講じて無理のない介護を続けることが肝要です。
さらに本書では、退院してからの生活、後遺症などについて知り、運動や日常でのリハビリのやり方について説明しています。また、再発を防ぐための日常生活の送り方や、介護保険の使い方についても解説しています。

身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策のレビュー

この商品のレビュー一覧をみる

この商品のカテゴリ