Gerald Clayton

Happening: Live at the Village Vanguard CD

販売価格
2,739
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント 24 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。
今なら10,000円以上購入で送料無料!
  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2020/07/10 / ジャンル:JAZZ / フォーマット:CD / 構成数:1 / 製造国:International Version / レーベル:Blue Note Records / SKU:602508926020 / 規格品番:0892602

商品の紹介
Since stepping out of the long shadow cast by the Clayton Brothers on the late Roy Hargroves 2008 Earfood and Kendrick Scotts Reverence the following year, pianist Gerald Clayton has been turning heads as a composer, bandleader, and soloist. Happening: Live at the Village Vanguard, is his Blue Note debut. Clayton offers originals and standards in trio and quintet settings. His sidemen for the occasion are bassist Joe Sanders and alto saxophonist Logan Richardson, both longtime collaborators; tenor saxophonist Walter Smith III, who worked with Clayton on Scotts Reverence and trumpeter Ambrose Akinmusires The Heart Emerges Glistening, and drummer Marcus Gilmore, a first timer in the pianists universe, though hed previously worked with Smith. The 75-minute program consists of seven tunes, all of them long. It opens with an original, Patience Patients. Arranged for quintet, this labyrinthine exercise in post-bop offers mysterious lyric twists as the saxes lilt and lope to form a backdrop that is equal parts Eastern modalism, modern classicism, and Latin jazz. The horns take the head through modal harmonic terrain before dropping out; the rhythm section locks in Claytons canny solo that allows for Smiths solo re-entry in a wide-open space. A Light offers an abstract, Spanish-flavored take on the motif before the rest of the band enters. Richardsons compelling, even bracing, alto break bridges Claytons percussive chord voicings and angled arpeggios to introduce Smiths solo, which is offered with David S. Ware-esque physicality, lyricism, and control before the band explore alongside him. Bud Powells Celia is rendered by the trio. Clayton offers a deliberative solo remark on its tonal structure to introduce a rhythm section on stun. The other members push the pianist hard and he responds with exuberant swing. The other trio tune is an emotionally resonant Body and Soul. Opening again with a piano solo, Clayton liberally extracts fragments of the melody to erect a vulnerable but resonant intro. Sanders and Gilmore whisper under his keyboard as he injects nuance to command the harmony. Envisionings is a modal blues with muscular soloing from Smith and Richardson amid forceful rhythmic invention and harmonic discovery. Duke Ellingtons Take the Coltrane closes the set with a Monk-like piano intro (you can hear traces of You Neednt in its cadence) before drums and bass enter double time, and the horns deliver the knotty head in staggered tandem, stretching time and swing. Everyone gets to solo in this 14-minute monolith; they lock on to Dukes orgiastic collision of harmony and rhythm, exploring its implications by rendering new statements rather than repeat the plainly stated motifs in an arresting conclusion. Happening: Live at the Village Vanguard is a splendid example of Claytons arrival as a master possessed of enviable and original technique and a kaleidoscopic imagination. ~ Thom Jurek
---
さまざまなミュージシャンから引っ張りだこの人気ピアニスト、ジェラルド・クレイトンのブルーノート・デビュー・アルバム!

ベース奏者の至高、ジョン・クレイトンを父に持ち、アルト・サックスのジェフ・クレイトンを叔父に持つ、ピアニスト、ジェラルド・クレイトンが、ブルーノート移籍第一弾。

ジャズの本場、ニューヨークの老舗ジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードで2019年4月に6日間行われたライヴ、12セットの中から、オリジナル曲と名スタンダート曲からなる7曲を選りすぐったライヴ・アルバム。クレイトンにとってもヴィレッジ・ヴァンガードは特別な場所で「ここは音楽にとってとても特別で神聖な場所。不思議なことにここにいると、これまでここで起こったことを肌で感じられるような気がする」と語っている。本作のタイトルを決定するにあたり、クレイトンは「この音楽が生きていること、一年を通してたくさんの出来事が起きていること、そしてヴィレッジ・ヴァンガードでの演奏がそれらの出来事の中でも特に特別なものであることを強調するために、私はこれをハプニングと呼んだ。」と語っており、それがそのままタイトルにも起用された。

ブルーノートのドン・ウォズ社長は彼について、「ジェラルド・クレイトンは今日活動する中で最も優れた個性的で革新的なピアニストの一人です」と話す。「彼はロイ・ハーグローヴからチャールズ・ロイドまで、さまざまなジャズの伝説とのレコーディングを経験していて、また、ハーモニーの達人でもある彼のソロ作品は、想像力に富んだ好奇心が旺盛で、とても面白いと感じています。私たちは彼をブルーノート・ファミリーに迎えることができてわくわくしています。」とコメント。
発売・販売元 提供資料(2020/06/01)
収録内容
・構成数 | 1

・合計収録時間 | 01:15:06

・録音 | ステレオ

1.CD

Happening: Live at the Village Vanguard CDのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング