村上芽

少子化する世界 Book

販売価格
935
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント 8 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。
今なら10,000円以上購入で送料無料!
  • 商品情報
  • レビュー

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2019/04/10 / ジャンル:DOMESTIC BOOKS / フォーマット:Book / 構成数:1 / 製造国:国内 / レーベル:日本経済新聞出版社 / SKU:9784532264017 / 規格品番:9784532264017

商品の紹介
フランスの出生率が減少している。移民、失業、学業の長期化・・・と新たな課題に直面している欧州各国から「少子化」への向き合い方を学ぶ。

移民で出生率が上がったドイツ、「親になれない」フランスの若者、数よりも子育ての「質」が議論されるイギリス・・・・・・新たな課題に直面する欧州各国の動きを学び、日本が進む道を探る。

日本では人手不足の影響から少子化対策が叫ばれ「働き方改革」や「女性の活躍推進」が話題を集めているが、現実の対策は各企業や個人の裁量に依存しているところが大きい。
無償の教育、未婚でも充実した子育て環境など少子化対策の「お手本」として注目を集めてきたフランスは、ここ数年で出生率が減少していた。
背景には、フルタイムで働く女性の増加や学業の長期化、若年男性の失業が影響している。
フランスだけではない。欧州各国では新たな課題が生まれていた。例えばドイツでは、出生率は増加したものの、新生児の25%の親は外国人だった。
社会保障の恩恵を受けるのは誰なのか、国内で議論が進んでいる。日本に先駆けて動く欧州各国の最新の少子化事情を、豊富なデータから読み解いていく。

【本書の内容】
・男性が「選択」した少子化
・親になれない若者世代
・「小さな奇跡」の裏側
・増える高齢出産の本音
・壊れる「結婚=出産」の前提
・宗教は出産に影響を与えるのか
・デジタル社会で家族はどう変わるのか
・起業家を養成する「カオスパイロット」
・社会保険が適用される不妊治療
・「人生のラッシュアワー」にふりまわされるドイツ人
収録内容
・構成数 | 1

少子化する世界 Bookのレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング