わが母の記 DVD

販売店:タワーレコード
販売価格
2,052
(税込)
出荷目安:
当日-翌日出荷
たまるdポイント19(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

マークは試聴できる楽曲です。

  • 商品情報

【販売店・発送】 タワーレコード株式会社

商品の情報
発売日:2017/02/22 / ジャンル:映画/TVドラマ / フォーマット:DVD / 構成数:1 / 製造国:国内 / レーベル:キングレコード / SKU:4988003843380 / 規格品番:KIBF-4286

特典
封入特典

≪役所広司、樹木希林、宮崎あおい主演≫
昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語

初めて知る、母の想い。50年の時を経てつながる、家族のラブストーリー。

作品の情報
・あらすじ | 小説家の伊上洪作(役所広司)は、幼少期にひとりだけ両親と離れて育てられていた。「僕だけが捨てられたようなものだ」軽い口調で話す伊上だが、本当はその想いをずっと引きずっていた。そんな中、父(三國連太郎)の訃報が入る。母・八重(樹木希林)は物忘れがひどくなってきており、夫との思い出すらほとんど失くしていた。自分を捨てた母を許してはいないけれど、その記憶を失くされたらケンカにもならない―伊上をはじめ八重を冗談のタネにする家族に対して、三女の琴子(宮﨑あおい)は激怒する。「みんなおばあちゃんの気持ちになってないから、おばあちゃんの心をこじらせてしまうのよ」。八重は琴子の提案で、軽井沢の別荘で暮らすことになる。やがて琴子はプロの写真家になり、運転手だった瀬川(三浦貴大)と付き合う。八重は夜に徘徊するようになり、もう誰が誰かも分からなくなっていたが、家族は八重が元気なだけで満足だった。ある朝、感情を抑えられなくなった伊上は、初めて母と対決しようと「息子さんを郷里に置き去りにしたんですよね」と問いつめる。だが、八重の口からこぼれたのは、伊上が想像もしなかったある<想い>だった。こらえきれず、母の前で嗚咽する伊上。母との確執を乗り越え、晴れ晴れとした気持ちで二女・紀子(菊池亜希子)を送るハワイ行きの船に乗りこむ伊上。だが、伊上のもとに八重がいなくなったという知らせが届く―。
・アワード | モントリオール世界映画祭 審査員特別賞グランプリ
・制作国 | 日本
・制作年 | 2012年

収録内容
・構成数 | 1

1.DVD

この商品のカテゴリ

同じカテゴリの商品

あなたへのおすすめ