JBL 3ウェイ スタジオモニタースピーカー(BLK:ブラック)【右ch/1台】 JBL 4312G(BK/R) 【返品種別A】

販売価格
118,800
(税込)
送料無料
出荷目安:
2日前後で出荷(通常)/補足(目安):2日~3日で出荷
たまるdポイント 1,080 (通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
  • レビュー
【販売店・発送】Joshinネットショッピング dショッピング店 (上新電機株式会社)

【重要】お買い物前に必ずこちらをお読み下さい(外部リンク)


□「返品種別」について詳しくはこちら(外部リンク)

2018年12月 発売
□メーカーページへ(外部リンク)
メーカー保証期間 2年




ご注意: 「JBL 4312G」は 1台の価格です。必ず左右(L/R)を 1台ずつ計 2台ご注文下さい。スピーカーユニットの配置が左右対称になっています。
なお、限定モデル「JBL4312SE」にあったエンクロージャー側面の「JBL」マークは、本機にはございません。

「担当者のコメント」

★『 4312G 』は、先にリリースされた「L100 Classic」の開発で得られた数々のノウハウを「4312シリーズ」に移植した最新鋭機です。
ウーファーは最新技術により更なる低歪化を実現した《 JW300SW 》、ミッドレンジは、125mm口径の新型コーン型《 JM125PC 》、ツイーターは、「4312SE」と同じ1インチドームツイーター《 054AlMg-1 》で、アルミ-マグネシウム合金ダイアフラムと、強力なネオジム・マグネット採用の25mm径ドームツイーターです。
『 4312G 』の特徴エンクロージャーは歴代モデルと全く同じ寸法(W362×H597×D305mm)の前面バスレフタイプで重量は25.2kgあり、これは前作の記念モデル「4312SE」と同じですが、歴代モデルが20kg以下であったことからすると、かなり強化されてもいるようです。
ハイレゾ音源の普及に伴い、「4312SE」では初めてウーファーの上を640Hzでロールオフさせて、本当の意味での3ウェイ化を実現させたのでした。また、高域もハイレゾにも対応可能な40kHzまでとしたのでした。『 4312G 』では記念モデルとしてではなく、レギュラーモデルとして初めて広帯域再生を実現し、より幅広いジャンルに対応できるようになったといいます。
試聴しての第一印象は『 これぞJBLサウンド! !  』でした。私のようなかつての「4311」ユーザーにとっては、近年のJBLスピーカーには少々欲求不満気味なところもあったのです。それはオールマイティを狙うあまり、滑らかでフラットなサウンド傾向が強かったためで、かつてのじゃじゃ馬的な大らかさが影を潜めていたためでもあります。
『 4312G 』の音の張り出し感、鳴りっぷりの良さは抜群で、中域の厚みもたっぷりで最近のスピーカーでは珍しいものです。ただ、超低域や超高域はあまり欲張っておらず、音楽の美味しい部分を積極的に出そうとしていると思います。特に、ピアノやボーカルの生々しさは秀逸でした。これこそJBLスピーカーのDNAを受け継いだサウンドだと思います。
『 4312G 』の使いこなしのコツは、あえて最新の高純度SPケーブルや高剛性のSPスタンドを使う必要はなく、その方が本機の良さが生かされると思います。また、設置時ツイーターは必ず外側にくるように、アッテネーターの位置は真ん中にこだわらず、お部屋の状況に合わせて積極的にいじっていただきたいと思います。そして、今やこのエンクロージャーサイズでは珍しい30cmウーファーならではの小音量時の痩せない低音も魅力的です。夜間のリスニングも楽しめそうです。
『 4312G 』は、間違いなくJBLスタジオモニター「43シリーズ」の系譜です。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


★“3ウェイ スタジオモニタースピーカー「JBL 4312G」”~進化を続けるロングセラーモデルに最新の技術を投入
アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、70年代初期に登場したModel 4310を祖とし、4311、4312、そして4312A~4312Eへと進化を続けてきたJBLのロングセラー・モニタースピーカーの最新モデル「4312G」。
「4312G」スタジオモニタースピーカーは、JBL70周年記念として登場した限定モデル4312SEと、30cm3ウェイの最新コンシューマ・バージョンL100CLASSICの技術要素を移植した、新たな次元のコントロール・モニターです。
低音域用ウーファーにはJBL史上最強の12インチ(300mm)1200FE系ユニットの特徴を受け継ぎながら、最新技術により更なる低歪化を実現した「JW300SW」を搭載。中音域には歴代の4312ファミリーをはじめとする3ウェイ・ブックシェルフ型スピーカーに搭載されてきた5インチ(125mm)ユニットの系譜を受け継ぎ、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に開発されたミッドレンジ・ユニット「JM125PC」を、そして高音域用には新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを実現する1インチ(25mm)アルミ-マグネシューム合金ドームツイーター「054AlMg-1」を搭載しています。
それらのユニット群を伝統のディメンションを継承しながら内部補強を施したキャビネットに搭載することで、強力な新ユニットのレスポンスを最大限に活かす音響特性を確保しています。最新の技術と音響設計を投入した「4312G」で、更に進化したJBLサウンドを心行くまでお楽しみください。


◆12インチ・ピュアパルプコーン・ウーファー:JW300SW

ダイナミックなレスポンスと超低歪特性を両立した30cm径ウーファー。
K2 S5800のために開発された“1200FE”系ユニットの特徴を受け継ぎながら、最新の解析技術を取り入れより低歪に、より高分解能なサウンドに生まれ変わった専用設計の強力ウーファーユニットです。

◆5インチ・ピュアパルプコーン・ミッドレンジ:JM125PC

伝統の3ウェイ・コントロールモニターにおいて、その大きな特徴ともなっている良質なボイスレンジを担うスコーカーとして、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に開発された125mm径ポリマーコーティング・ピュアパルプコーン・ミッドレンジユニットです。

◆1インチ・アルミ-マグネシューム合金ドームツイーター:054AlMg-1

新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを獲得するために開発されたアルミ-マグネシューム合金ダイアフラムと強力なネオジム・マグネット採用の25mm径ドームツイーターです。

◆高品位3Wayネットワーク
優れたレスポンスを誇る最新ユニットの持ち味を最大限に引き出すため、4312SE譲りの高品位素子を用いた3Wayネットワークを内蔵。伝統のHF/UHF連続可変アッテネータも装備しています。

◆伝統のキャビネットデザイン
伝統のディメンションを継承したキャビネットには全面高比重MDF材構造を採用。接合部には数十ヶ所にわたる内部補強を施すことで剛性を高め、強力な新開発ユニットの優れたレスポンスを活かしています。
■ 仕 様 ■
  • 形式: 3ウェイ・ブックシェルフ・スピーカー
  • カラー: ブラック
  • 構成: 3ウェイ
     -300mm径ホワイト・ピュアパルプコーン・ウーファー(JW300SW)
     -125mm径ポリマーコーティング・ピュアパルプコーン・ミッドレンジ(JM125PC)
     -25mm径アルミ-マグネシューム合金ドームツイーター(054AlMg-1)
  • インピーダンス: 6Ω
  • 推奨アンプ出力: 10~200W(RMS)
  • 出力音圧レベル: 90dB(2.83V/1m)
  • 周波数特性: 44Hz~40kHz(-6dB)
  • クロスオーバー周波数: 640Hz5kHz
  • 寸法(幅×高さ×奥行き): 362×597×305(グリル含む)mm
  • 重量: 25.2kg(グリル含む)

JBL 3ウェイ スタジオモニタースピーカー(BLK:ブラック)【右ch/1台】 JBL 4312G(BK/R) 【返品種別A】のレビュー

投稿されたレビューは0件です。

この商品のカテゴリ

売れ筋ランキング