マランツ ネットワークCDレシーバー(ブラック) MARANTZ M-CR612/FB 【返品種別A】

販売店:Joshin
販売価格
54,450
(税込)
送料無料
出荷目安:
入荷次第出荷/11日前後で出荷(通常)/補足(目安):お届け:11月下旬以降
たまるdポイント495(通常)

※たまるdポイントは通常ポイントです。

※たまるdポイントはポイント支払を除く商品代金(税抜)の1%です。

dカードでお支払ならポイント3倍

  • 商品情報
【販売店・発送】Joshinネットショッピング dショッピング店 (上新電機株式会社)

【重要】お買い物前に必ずこちらをお読み下さい(外部リンク) 
□「返品種別」について詳しくはこちら(外部リンク)

2019年04月 発売
□メーカーページへ(外部リンク)
メーカー保証期間 1年



「担当者のコメント」

★marantzのミニコンポサイズCDレシーバーは、2009年発売の初代機「M-CR502」、2010年の「M-CR603」、2013年の「M-CR610」、2015年の「M-CR611」と続き、今回の『 M-CR612 』で5世代目となります。
初代機の企画段階では、marantzは元々他のオーディオメーカーと違い、ミニコンポにはあまり強くなく、ミニコンポサイズの製品を商品化するにあたっては、同社が持つ単品コンポのノウハウを生かして、真面目にひたすら音の作り込みを行うしかなかったのでした。勿論当時は、さほど売れるとも考えてなかったようですが・・・。
しかし思いも寄らないことが海外で起きたのです。ヨーロッパではmarantzブランド製品は、販売ルートの関係で、家電店ではなくオーディオ専門店で展開されており、「M-CR502」もそうだったようです。そこで、耳の肥えた販売員がその音質の良さに目を付け、そこから快進撃が始まったそうです。その噂が日本にも聞こえて来るにつれ、人気が高まっていったのです。
デザインは初代機から、銘機「MODEL7」を思わせるmarantz伝統の左右シンメトリーにこだわっていましたが、代を重ねるごとに高級感が増し、『 M-CR612 』ではラウンドのかかった3ピースのフロントパネル、ハードコートのアクリルトップパネル、そしてイルミネーションなど、marantzの単品コンポーネントを彷彿とさせる、高級感あるデザインに仕上がっています。
本機の「肝」は、何といってもパワーアンプです。前述のように、初代機から続く4chアンプというのは同じで、そのデバイスにはTI(テキサス・インスツルメンツ)製を使用しています。ただ、この素子は実際には8ch仕様となっており、これを2chずつまとめて4ch使いとしているそうで、ノーマル状態ですでにBTL接続になっているらしいのです。
今回新たに搭載された「パラレルBTLドライブ」は、接続はシングルワイヤのまま、4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することを可能にしたのです。その結果、アンプのスピーカー駆動力を示すダンピングファクターは、通常(BTLドライブ)に比べ約2倍になり、中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現できたとしています。
さらに、『 M-CR612 』は、 豊富なネットワークオーディオ機能やハイレゾ音源の再生に対応などの多機能さには目を見張るものがあります。
「パラレルBTLドライブ」でのサウンドは、音がとてもこの大きさのシステムのそれではなく、生々しくスケール感たっぷりで、立体感を伴った本格的なサウンドが聴けたのです。とにかくハイスピードになり、情報量も多く「これで十分なのでは」と納得させられるほどでした。「ミニコンポでもここまで出せるのだ」が私の正直な感想です。さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 





【オールインワンミュージックプレーヤー】
◆データディスク対応CDプレーヤー
CDプレーヤー機能を搭載。データディスク(MP3 / MWA)の再生にも対応
◆「ワイドFM」対応FM / AMチューナー
95MHzまでのFMラジオの受信に対応しているため、FM補完放送「ワイドFM」を聴くことができます。最大50局プリセット可能です。
◆ワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」テクノロジーを搭載操作は無料のHEOSアプリで行え、ストリーミングサービスやインターネットラジオをはじめ、ローカルネットワーク上のミュージックサーバー(NAS / PC / Macなど)やUSBメモリーに保存した音源やスマートフォン、タブレット、Bluetooth機器など、多彩な音源を再生できます。
◆Amazon Alexaでの音声コントロールに対応
Alexaに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加えて、Amazon Musicの楽曲から楽曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することができます。
◆スマートフォンやタブレット、PCなどのBluetooth対応機器からのワイヤレス音楽再生に対応。最大8台までペアリング可能。
◆Amazon MusicやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。世界中のインターネットラジオ放送にも対応。
◆iOS 11.4で追加された新機能「AirPlay 2」に対応。マルチルーム再生が可能。Siriによるボイスコントロールも可能。
◆5.6 MHz DSD &PCM系ファイルは192kHz/24bitまでの音源に対応。ギャップレス再生にも対応。
◆2.4 / 5 GHzデュアルバンドWi-Fi対応で、ネットワークオーディオ、インターネットラジオの再生可能。
◆自動再生機能付き光デジタル入力装備。テレビなどのソース機器からの入力信号を検知して本機の電源を自動でオン。

【サウンド・クオリティ】
◆さらに音質が向上したフルバランス・デジタルパワーアンプ
実用最大出力60W+60W(6Ω)を誇るフルバランス・デジタルパワーアンプを搭載。4Ωのスピーカーとの接続にも対応しています。
上位機のノウハウを活用してデジタルパワーアンプの周辺回路を刷新。電源回路をパワーアンプ専用とし、電源由来のノイズを大幅に低減。デジタルパワーアンプの要であるPWMプロセッサーにはローノイズタイプを採用。
見通しの良いクリアなサウンド、想像を超えるスピーカードライブ能力を実現。透き通るように広がる音場空間、そこに描き出される音像のリアリティは、マランツのHi-Fiサウンドそのものです。
◆4chスピーカー出力
スピーカー出力は2組、合計4chを搭載し、1chにつき2つのアンプを用いるBTLドライブを全4chに採用しています。2組のスピーカーを同時に、または切り替えて鳴らすことができ、2つの部屋で音楽を楽しむこともできます。2系統のスピーカー出力の音量はリモコンで個別にコントロールすることができます。
◆約2倍のスピーカー駆動力を実現する「パラレルBTLドライブ」
新たに搭載された新機能「パラレルBTLドライブ」。シングルワイヤのまま4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することが可能になりました。その結果、アンプのスピーカー駆動力の指標となるダンピングファクターは通常のBTLドライブに比べ約2倍に向上。中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現しました。
◆こだわりのサウンドチューニング
マランツの60年を超えるHi-Fiオーディオ設計の歴史の中で培われてきたフィロソフィー、テクノロジーを継承した徹底的なサウンドチューニングにより、定評の音質にさらに磨きをかけました。
◆金メッキスピーカーターミナル
◆フルデジタル・プロセッシング
◆出力特性切り替え、トーンコントロール
◆3段階ゲイン切り替え機能付きヘッドホンアンプ

【ユーザーフレンドリーなインターフェース】
◆メニューの言語やネットワーク接続、自動アップデートなどの設定を対話形式で簡単に設定できる「かんたん設定」機能を搭載
◆同一ネットワーク内のスマートフォン、タブレットから本機やその他のHEOS搭載機器の操作ができるリモコンアプリ「HEOSアプリ」に対応
◆3行表示のディスプレイにはハイコントラストで視認性に優れた有機ELディスプレイを採用

【その他の特徴】
◆左右対称レイアウト、3ピースのフロントパネル、スターマークなど、マランツ伝統のデザインエレメントを継承
◆マランツのプレミアムHi-Fiコンポーネントを想起させる4色のイルミネーション機能を搭載
◆リモコンのCLOCKボタンを押すとディスプレイに現在の時刻を表示、アラーム再生機能も搭載
◆サブウーハープリアウト / オンライン・ファームウェア・アップデート / 5段階のディスプレイディマー / スリープタイマー(10~90分)/ オートスタンバイ機能(1~99分)/ 着脱式電源ケーブル


■ 仕 様 ■
    【CDプレーヤー部】
  • 再生周波数特性: 10 - 20 kHz
  • ワウ・フラッター: 測定限界 (±0.001 % W. peak)以下

  • 【オーディオアンプ部】
  • 定格出力: 50 W + 50 W(6 Ω、1 kHz、THD 0.7 %)
  • 実用最大出力: 60 W + 60 W(6 Ω、1 kHz、THD+N 10 %、JEITA)
  • 適合インピーダンス: 4 ~ 16 Ω
  • 全高調波歪率(1 kHz、5 W、6Ω): 0.1 %(Analog In)
  • S/N比(10 W、6Ω、IHF-A): 90 dB(Analog In)
  • Dynamic Bass Boost: +8 dB(100 Hz)
  • トーンコントロール: 低音 ±10 dB (100 Hz)、高音 ±10 dB(10 kHz)
  • 周波数特性: 10 Hz ~ 40 kHz(±3 dB)
  • 音声入力端子: アナログ ×1、光デジタル ×2
  • 音声出力端子: アナログ(固定/可変) ×1、サブウーハープリアウト ×1、ヘッドホン ×1
  • その他の端子: ネットワーク ×1、USB-A ×1(リア)、FMアンテナ入力×1、AMアンテナ入力×1
  • 【無線LAN】
  • ネットワーク種類: IEEE 802.11a/b/g/n準拠(Wi-Fi準拠)
  • 無線周波数: 2.4 / 5 GHz

  • 【Bluetooth】
  • バージョン: 3.0 + EDR
  • 送信出力: Class 1
  • 通信距離: 約30 m(見通し距離)
  • 【チューナー部】
  • 受信周波数帯域: FM 76.0 - 95.0 MHz、AM 522 - 1629 kHz

  • 【総合】
  • 消費電力: 55 W
  • 待機電力: 0.3 W / 4 W (ネットワーク制御・オン)
  • 付属品: かんたん設定ガイド、取扱説明書、リモコン(RC014CR)、 単4形乾電池×2、FM室内アンテナ、AMループアンテナ、電源コード
  • 最大外形寸法: W280 x H111 x D303 mm
  • 質量: 3.4 kg

この商品のカテゴリ